Home > 代表山口が語る > 高線量マンション

高線量マンション

代表山口です。

皆さんもご存知と思いますが、福島県二本松市のマンションで屋外より高い放射線量が測定されました。

マンション建築の基礎に浪江町の砕石を使用したのが原因とのこと。

1階に住む中学2年生の女子生徒が着けていた線量計の数値から発覚したらしいけれど、同じ砕石はすでに20社以上に出荷され、使用されたと報道されています。

砕石業者は「出荷制限が出ていなかった。 復興に一役買っていると誇らしく思って波江の砕石を使用していた」などとインタビューでも責任を感じた様子もなし・・・

 

私はお客様に対し「後で神経質過ぎたかなと笑えるくらい内部被爆に注意が必要です。」と訴えています。

出荷された牛肉から基準値以上の放射線量が計測されるなど、今回も含め後から発覚することが多く、何を信じていいか分からない状況だからです。

特に小さなお子様を持つご家庭には細心の注意を払っていただきたいと思っています。

私は添付の記事を読んで強くそう思いました。

是非参考にしてください。

20110423TKW026.pdf

 

 

 

Home > 代表山口が語る > 高線量マンション